2018/09/18

読書感想文・カルピスをつくった男 三島海雲

面白かった。
時代を旅するような気持ちで読み進めたのは、久しぶりの感覚かもしれません。

この本、夏の帰国中に手に入れていたものの、忙しいこともあり読書に集中
できず、読みかけのままカンボジアに戻る機内で読もうと取ってあったのです
が、関空にへの道中で家に置いてきてしまったことに気づきました・・・。

友人にも渡そうとスーツケースにもう1冊入れていたので、了承を得て先に
読ませてもらうことができたのは幸いでした。

どうせ読むなら最初から読み直そうと、手に取ったのが夜11時。
約3時間半で読了。
あまりに面白くてどんどん読み進めたのと、半分くらいはおさらいする感じで
読んだから早かったのかもしれません。

カルピスって国民の99.7%が知っている飲料なんだそうです。
年間で1000種類の新しい飲料が出て、1年後に残っているのはほんの数種類
だけという中で、残るだけでもすごいんだけど、カルピスってみんながそれぞれ
になにかしらの思い出というかエピソードがありますよね。
それを誰かに話したら共感されて、「そうそう!」となることも想像できます。
そんな飲料って他にあるかな・・・。

しかもそれだけ知られた国民的飲料なのに、それを作った人がどんな人なのか
一般的には周知されていない、という。

三島海雲が仏教の僧侶だったり、時代背景から大陸を目指した若者だったり、
というような書評は色々なところで読めるので、私はもうちょっと身近な
所の感想を書きたいと思います。

最初に旅するように本を読んだと書きました。
20年前にカンボジアに来た時のころを思い出すような、そんな気持ちもあり
ました。
三島海雲が大陸を目指したころ、たくさんの若者が同じように中国に渡った
そうです。その中でもいろんな人たちがいて(どんな人たちかは本を読んで
ください)、自分なりに思ったのは、何をするにも知性って必要なんだなと
いうことでした。
それは単なる学歴だけではなく、様々なことに思いを馳せられるか、であった
り、自分と周りにいる人を幸せにするための信念のようなものであったりする
ように感じました。
現代の私たちのような在外邦人でも色々な人がいますからね。知性は大事。
自分に知性があると言いたいのではなく、知性とは何かということを自分で
考えて他者に接していきたいということです。

大陸にいたためにいつも応援してくれた母の死に目にあえなかったという
エピソードも、つい自分と重ねて見てしまいました。
大きく辛い出来事を経験すると、人はその他の人たちの立場、状況、心情
にも思いを馳せることができるようになるような気がします。

そして経済的に困ったときに必ず誰かが手を差し伸べて、彼の生活、研究、
あるいは会社の存続までも助けようとするエピソードでは、いつも人から
助けられている自分とその姿を重ねて読んでいました。

うまく言えないけど、ホンモノだと軽薄に呼ばれるニセモノが多い今の時代、
自分がその道で本物でいるために必要なことがこの本から得られるのではないか、
そう感じて一気に読んでしまったのかもしれません。
得られるというのは違うかな、なんだろう、答え合わせをするという感覚でした。

国利民福と三島海雲は言いました。
企業は国を豊かにするだけではなく、国民を幸せにしないといけない
というような意味ですが、個人の利益のみが最優先事項みたいになってしまって
いる今の時代に、そんな思いで動ける人はそういないかもしれませんね。
でもきっとそれが国民の99.7%もの人が知っている商品を生み出した源
なんだろうと思います。

単なる本好きの素人としては、登場人物の多さと時代背景など難解に感じる
部分はあるかもしれないけど、モンゴルから一気に話が展開していくところ
まで読み進むことができれば・・・。
感覚的に、最初はとっつきにくい専門書のような感じで、あとのほうからはもう
少し重たさがなく「本を読む」というイメージで読むことができました。

それだけ三島海雲を語るには、多くの関係者がいること、日本が大きく動く
時代であったことがあるんでしょうけど、そのおかげで時代を旅するような
気持ちになりました。

三島海雲は、今のわたしたちが見直さないといけないことをずっとずっと昔に
すでに言ってくれていたんだな、と思います。
彼が息を引き取った1974年に自分が生まれたことにも、なにかあるなと勝手に
思ってしまったりしています。
先人の思いを継承できる、そんな人でありたいと改めて思わせてくれる本でした。

本のカバー紙はカルピスの瓶を包んでいたあの紙をイメージしたそう
「カルピスをつくった男 三島海雲」
山川徹 著 ・ 小学館

興味を持ってくれた人はぜひ買って読んでみてください。


2018/07/15

6月23日の講演 「家族の立場からの在宅看取り」

普段わたしがお話しするのはカンボジアのことが多いのですが、今回は
ちょっと違うテーマでの依頼でした。

4年前に父か癌で亡くなった時の、自宅での看取りのお話です。

緊張しました
一部では一人で、二部ではもう一人の登壇者岩崎順子さんと、司会の
伊藤さんと三人で質問にお答えする形でお話を。
定員100名のところを立ち見が出る130名ほどの方が集まってくださったそうです。



家族の、特に死に関する話をするのは・・・なかなか難しいですね。
求めていらっしゃる方もいるでしょうし、わたしの経験が誰かの役に立つの
かもしれない。

でも、たぶん、わたしはもう今後家族の看取りの話はしないように思います。

不特定多数の方に話すのは、かなりエネルギーが必要でした。

ということで、カンボジアのお話(から、今の日本で活かせることにつなげて
お話しています)であれば、帰国中都合がつく限り調整したいと思っています。
ご要望のある方はご連絡ください。

控室で
控室に置いてくださっていたのはお茶と、昨年の絵画展で購入してくださった
子どもたちの作品でした。
こういうお心遣いは本当にうれしいですね。

和歌山市第1在宅医療・介護連携促進センターの皆様、ありがとうございました。



2018/06/13

講演会のお知らせ②



何年か前から講演のお話はいただきながら、なかなか実現にいたらなかった経緯が
ありますが、泉南市人権協会の依頼で7月に講演をさせていただきます。

講演タイトルは固めになっておりますが、実際にお話しする内容は、人権・福祉
という少しとっつきにくい雰囲気のものではなく、どなたにも関係する身近な話として
おはなしできたらと、思っています。

♦平成30年度 第1回人権啓発講座♦
「カンボジア 福祉の現場から」

日時・2018年7月18日(水)午後2時から4時
場所・泉南市立市民交流センター 2階

参加無料・申し込み不要



最近、お話してくださいとのお話をよくいただけるようになっています。
私でお役に立つようなことがあれば、声をかけていただけたらと思います。


講演会のお知らせ①

しばらく告知の投稿が続くと思いますが、お付き合いください。

6月は2回、講演の依頼をいただいていますが、一つは学校の行事としての
おはなし会ですので告知はしません。

ということで、もうひとつの講演は・・・カンボジアのおはなしではない、
のです。


2018年6月23日(土)13:30~15:30
イオンモール和歌山 3階 イオンホール
参加費無料・事前に予約してください

予約 和歌山市第1在宅医療・介護連携推進センター
   TEL 073-488-3430(平日9:00~17:00)


「家族の立場からの在宅看取り」というテーマで、岩崎順子さんとご一緒
させていただきます。

もう10日後やん!というツッコミ、聞こえております。すみません・・・。

カンボジアのお話ではなく、4年前に末期がんの父を在宅で看取ったときの
体験をお話しいたします。

どんな見送り方をしても、準備していたつもりでも、残された家族には心残りは
あります。

それでも、そういった体験をしたわたしが事前にお話をさせていただくことで
今後誰の身に降りかかるかもしれないそういうときのために、すこしでも役立て
ていただけるといいなと思っています。


2018/05/10

今年もまた再会がありました

久しぶりの更新。もはやそれが当たり前になってしまっております。
それでもこれを読んでくださっている皆様、ありがとうございます。

今年は15年ぶりに春の帰国をいたしました。
カンボジアは4月がお正月、新年を迎える季節です。

タイへの出稼ぎ労働者が増えている近年、カンボジア正月に一時帰国する
人たちも多いのですが・・・。
帰国前に1通のメッセージを受け取りました。

「おかあさん、ぼくは4月にかんぼじあにかえります。おかあさんはいますか?」

送ってくれたのは、施設の卒業生サヴィの弟、サヴォでした。
何年も前からタイで暮らし、独学で習得したタイ語(読み書きも)を使って
工場内の通訳をしている、ということは知っていました。

サヴィ、サヴォ兄弟はもちろん施設に一緒に入ってきたのですが、その後
離れ離れで暮らすことになります。
結婚した姉が2人を引き取ると言ってきたとき、弟のサヴォは行くと、そして
兄のサヴィは行かないという決断をしました。

サヴィはここにいたほうが日本語を習得できると考えての決断でした。
サヴィについてはこのブログ内でも別記事で紹介しているので、お時間の
ある方は読んでみてください。

そのときに別れてからずっと会っていなかったサヴォとつながったのは昨年。
フェイスブックで私を見つけてくれたことがきっかけでした。

その時から何度となくメッセージをくれていた彼、時には日本語、時には
英語で交流していました。

ちょうどカンボジア正月に何年振りかの帰省をすると連絡をくれましたが、
あいにく私も日本に帰国が決まっていて、「あえないね。ざんねんです。」
と返信していました。

春の帰国を終えて、カンボジア正月最終日に戻ってきたわたしに、サヴォから
再度連絡がありました。

「いま、どこですか?」

彼はまだシェムリアップにいたんですね。
そしてすぐにうちまで顔を出してくれました。

私が知っているサヴォは小学生の少年で、でも目の前にいるのはまっすぐな
視線をなげてくる立派な青年でした。

翌日の早朝のバスでタイに帰るということだったので、30分ほど話しました。

サヴォの働く会社は携帯電話の部品などを組み立てているそうで、カンボジア人
従業員が300人ほどいるそうです。
彼は管理職のタイ人と労働者のカンボジア人をつなぐ通訳業務をしているとの
ことでした。

お兄ちゃんのサヴィはうちに残ることで日本語を習得し、現在は日本語ガイド
として活躍していますが、弟のサヴォもこうして語学で自立した生活をして
いることがわかり安心しました。
しかも私と話すときはできるだけ日本語を話そうと一生懸命でした。
子どものときに学んでいた日本語を覚えていてくれただけでもうれしかったです。
語彙が足りない部分はクメール語で補いつつの会話。
あっという間の30分でした。


別れ際、「元気でね」と声をかけると・・・

大きく両手を広げてハグしてきたんです。

すごくびっくりしました。

たぶんお兄ちゃんのサヴィなら恥ずかしがってやらないような気がします。

その瞬間だけ、少年のサヴォにもう一度会ったような気がしました。
無邪気に抱きついてくる少年に。
でもそのサイズは紛れもなく青年で、わたしはすっぽりと彼の腕の中に
包まれてしまっていました。
とても不思議な瞬間でした。

立派になったね
 20代半ばになったサヴォ、タイ語を習得するのにどれだけの努力をしたのか
隣の国とは言え異国で何年も暮らし、どんな苦労をしてきたのかと思うと
笑顔で別れたかったのに涙が止まりませんでした。

また会おうね。
会いに来てくれて、ありがとう。



2018/02/14

Yahoo!ニュース特集記事に掲載されました

前回のブログの冒頭で、「恐ろしいことに今年に入って初めての投稿です」みたいな
ことを昨年3月に書いているのですが、もっと恐ろしいことにその投稿からこの記事まで
一度も更新しておりませんでした。

正確に言うと書こうとしながら、うまく表現できず保存、そんなことを繰り返して
いるうちに月日が・・・
ええ、そうです、言い訳です。

で、告知です。

昨日の朝配信済みなのですが、Yahoo!ニュースの特集記事でメアス博子の
人物ルポを掲載していただいております。




Yahoo!ニュース特集
~挑戦者たちの背中~
カンボジア孤児たちの「おかあさん」日本人女性の奮闘

書き手はノンフィクションライターの山川徹氏。
写真は写真家の後藤勝氏。

1997年に初めてカンボジアを訪れて、2000年からスナーダイ・クマエで
働き始め今に至るまでのことや、カンボジア社会の変化、光と影の部分を
丁寧にルポしていただいております。



書き手の山川君は18年来の友人でもあります。
記事の中にもあるのですが、私がひたすらゴミを燃やしていたとき、一緒に
手伝ってくれていた青年が彼でした。
当時バックパッカーでしばらくカンボジアに滞在していた時期でした。

ジャーナリストになりたいと語っていた青年は、現在プロのノンフィクション
ライターとなり、できたばかりの孤児院で途方に暮れていた私から現在の私に
至るまでを見てくれていた人物でもあります。
あの頃はまさか山川君に書いてもらう日が来るとは思っていませんでした。
人生はどこにどうつながっていくかわからないものです。
でも一つだけ言えるのは、お互いに「辞めずに続けてきた」という共通点が
あります。

辞めることを批判するつもりも否定するつもりもありません。
辞める辞めないは自分が決断することですから。
ただ、わたしは辞めないでよかったと思っている、ということです。

おかげであの頃には見えなかった景色をたくさん見ることができています。

とはいえ、それは一人でやってきたわけではなく、周りの人たちの支えが
あってこそです。
だからこそ、わたしも誰かの支えになりたい、と思います。

その気持ちを自分の息子や、施設の子どもたちにも伝えたいと思うのです。

さらっと告知だけするつもりが、語ってしまいました・・・。

皆さん、山川くんの文章と、後藤さんの写真、どうかご覧ください。


2017/03/27

いつか返せるもの

恐ろしいことに今年に入ってまだ一度もこのブログを更新してない
ことに今さっき気づきました。
3か月以上も放置したらもはや誰も読んでくれないのではないだろうか。
でもまあいいか。書きたいことが出てきたので書きます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

友人夫婦に子どもが生まれて1年が過ぎました。
首が座っていないころからよく抱っこさせてもらい、今では一人で
歩くようになったその子を見ながら、自分の子育てをおさらいして
いるような気持ちになります。

私は2歳になる前の息子をシェムリアップに連れて来て、本格的に海外
生活が始めたのですが、当時からカンボジアの人たちにものすごく
息子をかわいがってもらいました。
友人夫婦もカンボジア在住で、自宅の大家さん一家をはじめカンボジアの
皆さんにもお世話をしてもらっているようです。

その友人以外にももう少し大きな子どもを持つお母さんたちと接点が
あるため、子どもたちと触れ合う機会もよくあります。

子どもはかわいいけれど、自分勝手で思うようにいかないと怒ったり
駄々をこねたりもします。
おなかがすけば食べ、眠いときに寝ます。親の都合はお構いなしです。
思春期になると顔も見てくれない、話もしてくれないなんてもことも。
親だけでは限界がある部分も周囲にいる大人たちが手を差し伸べて
くれ、大いに助けられた経験があります。

私が離婚しても日本に帰らなかったのは息子の教育をカンボジアで続け
たかったことが理由の一つに挙げられます。
ここにいる人たちの多くは子どもに興味を持っています。
子どもに無関心な人が少ないので、色々と世話を焼いてくれます。
それをおせっかいととるかどうかは自分次第かもしれませんが、
私にとってはそれが安心感につながっていました。
ここでは大人が子どもに関心を持てるだけの時間の流れがあります。

ずいぶん前に長年お付き合いのある方が「子どもは社会で育てるもの」と
おっしゃっていました。
10年ほど前の話です。
今はしみじみとその言葉をかみしめています。

息子が赤ちゃんのとき、たくさんの人たちが息子を抱っこしてかわいがって
くれました。それは一緒に暮らしていたスタッフや子どもたちだけではなく、
街で出会った人やレストランの従業員の人など、知り合いでも友人もでも
ない人たちも含まれています。
息子が10代になって私には言いたくない話ができても、友人夫婦やその他
の友人が聞いてくれていたそうです。
そのときに母親の私の気持ちも代弁してくれていたそうです。

息子がホテルで働き始め、仕事の話をしてくれたり、悩みながらなんとか
前に進もうとしている姿を見ていると、ここに至るまでにどれだけの人に
お世話になってきただろうと思うのです。

私はカンボジアの人々や日本人の友人たちにたくさん甘えてきました。

だからこれからはみんなが私や息子にしてきてくれたことをお返しして
いきたいと思っています。


子どもを他人に触られたくない?
知らない人に子どもを注意されたくない?
自分の子どもは自分で育てるから、他の子どもには無関心でもいい?

単純にそれはとてもさみしいことだと思います。
子どもにとってもさみしいことだと思います。
それに現実的に誰の手も借りずに子育てすることは難しいと思います。

親以外の色々な立場の大人たちに大いに関心を持たれ、溢れんばかりの
愛情を受け、そうやって大人になった人たちはきっとまた自分の子ども
だけではなく他の人の子どもにも同じことをするでしょう。

社会の構造や人の考え方が違うから、カンボジアと日本を単純に比べるのは
難しいけれど、人とふれあいを持つことはそんなに怖いことでも悪いもの
でもないとわたしは思うんです。

自分がそう思えるのはきっと、自分自身が子どものときにたくさんの大人
の手によって育ててきてもらったからなんでしょうね。
そして息子が同じようにしてもらえることに抵抗なく、むしろありがた
く感じることができました。

友人たちの子どもたちが私に向けてとびきりの笑顔を見せてくれるとき、
今が自分にとっての恩返しのときなんだなと思うんです。

それは友人の子どもたちを大人としてのまなざしで見つめ接することであり、
施設に若い年代の訪問者が来てくれた時に自分の経験から出る言葉を
持ち帰ってもらうことでもあります。
自分よりも年上の先輩方に直接恩返しすることは難しいけれど、その方々の
気持ちを次の世代に伝えることで恩返しにさせてもらいたいと思っています。

自分の考えを人に押し付けるつもりは全くないけれど、わたしはそう思う。
共感してくれる人がいればうれしいし、そんなの心には響かないという人が
いてもいいと思っています。

そういうお話です。