2016/12/19

思いがけず再会

ほとんど誰にも会わずに終了しかけた日曜日。
夕食も済ませて部屋で一人。

携帯が鳴りました。

「おがーーーさん、おげきですかーーー?」(お母さん、お元気ですか?)
電話の向こうから聞こえてきた声はソピア。
今は僧侶になっているのですが、昔うちで暮らしていた男の子です。
(もう30代なので男の子ではないか・・・笑)

少し前にフェイスブックで再会し、僧侶になっていたことは知っていました。
修行などで何度も中国に行っていたことも、写真を見てわかりました。
本人曰く、辞めようとしたけど中国のお坊さんたちに辞めないでほしいと
言われて続けているそうです。

シェムリアップでも評判(というのが正しいのかどうか・・・)のよいお坊さん
らしく、お清めやお祓いの依頼が殺到しているとか。

先月私が帰国する少し前にうちにも来てくれました。
面影ばっちりです
この時は時間もなく、あまりゆっくり話せず残念でした。


昨夜の電話ではお互いにへんてこりんな日本語とクメール語で30分くらい
話し、途中で何度も大笑いしました。

ソピアはうちにいたとき、規則破りの常習でしたが、人懐っこい笑顔が
憎めない少年でした。

あの叱られてばかりだったソピアが有名なお坊さんになっているなんて、
ちょっと信じられないのです。

人との再会はどこに落ちているかわからないけれど、ソピアとこうして
笑って話せる今があるのは、お互いに会っていなかった時間に自分の
やれることを精一杯やってきたからなんでしょうね。

問題をよく起こしていたソピアがどうして僧侶の道に入ったのか、今度会ったら
ゆっくりと聞いてみたいです。
そしてソピアと離れていた10年ほどの間に私が何をしていたのかも聞いて
もらえたらと思っています。

この仕事をしているとつくづく感じます。
今子どもたちにしていることが、彼らの将来のなににつながっていくのかは
わからない、だからこそ今のベストを尽くすしかないんだな、と。
そして何年も経って忘れた頃に、こうなったよ、と見せてもらえるものなん
ですよね。

うちの施設では卒業生たちとの交流が活発ですが、問題があって出て行った
子たちとも近年少しずつつながりが戻ってきています。
そしてそういう子たちの空白の時間を訊いてみると、やはりみんなその間に
苦労しながら乗り越えてきたことがわかります。

残念ながら全然つながらない子もいますが、
つながっていない子たちにとって、今はそういう時期(私やスナーダイクマエ
に接点を持つ時期)ではないのだろうと思うようにしています。
もう縁がないと決めつけないことです。
10年後なのか、来年なのか、それはわからないけれど、そのタイミングが
きたらまたどこかでつながることもあるでしょう。

そのときに笑って「久しぶり!元気??」と言える自分であるように、今
ここにいる子どもたちにできることをしていこうと思います。

ソピアとの再会、いろんなことに思いをめぐらせる機会をもらいました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

自分でもびっくりですが、あまり日を置かずにブログ更新しました(笑
こんなブログですがたまにのぞいてもらえるとうれしいです。



4 件のコメント:

  1. 返信
    1. おけましておめでとうございます。
      ご返信遅くなってすみません!
      子ども時代からいきなりお坊さんになっていて驚きましたが、面影があり懐かしい再会でした。

      削除
  2. 博子さんのお話は心にグッとくる事や忘れていた気持ちを思い出させてくれる事、クスッとする事が多くてとても楽しみです。
    これからも「モイモイ」で続けて行って下さいね。

    返信削除
    返信
    1. 今頃の返信、本当にすみません!
      ブログ投稿のみならず、コメントへの返信も・・・。
      反省しております。

      話を楽しみと言っていただき、うれしいです。
      それにしても各ペースが遅すぎですね・・・。

      モイモイで・・との優しいお言葉に甘えつつ、今年はもう少し更新しようとおもっております。

      削除